生産用資産

エルガ炭田

キーファクト
炭鉱
炭田は確認されただけでも400億トン以上の石炭埋蔵量を誇るトコ石炭鉱床の一部
埋蔵量
エルガ炭田の埋蔵量はJORC評価で22億トン
石炭の大部分(86%)
は地層中の下部4層に集中:Y5(厚さ12~20m)、Y4(9~12m)、H16(6~12m)、 H15(3~12m)
開発のあゆみ
2007
石炭鉱床の使用権を取得(№YKU 03730ТE、期間は2033年12月31日まで)
2011
採掘開始
2012
選鉱の期間工場を稼働
2020
年間700万トンの採掘を達成
2023
年間4500万トンの採掘を目指す
ロケーション

使用権を獲得した地区はヤクート南東部に位置し、ネリュングリ市から南東におよそ415キロ、そしてバイカル・アムール鉄道(バム鉄道)からは300キロ。南ヤクート炭田トコ石炭鉱床の中心部にあり、ボリショエ・トコ湖の西部で、ロシア連邦アムール州とハバロフスク地方の州境近くに位置する

現場から最寄りの居住地は西へ510キロ進んだネリュングリ市とチュリマン村(雪道を走行)、また北へ350キロ進むとチャグダ村がある。

現場の海抜高度は最大で約1270メートル。地形は北西から南東へ下降しており、1300~1400メートルから1000~1100メートルに高度が低下

インド
チェンナイ港
エルガ石炭鉱床までの距離は10500km
台湾
基隆港
エルガ石炭鉱床までの距離は4000km
台湾
台中港
エルガ石炭鉱床までの距離は4200km
日本
東京港と横浜港
エルガ石炭鉱床までの距離は3500km
韓国
釜山港
エルガ石炭鉱床までの距離は2700km
韓国
仁川港
エルガ石炭鉱床までの距離は2800km
中国
天津港と黄驊
エルガ石炭鉱床までの距離は3800kmと3900km
埋蔵量と資源
資源のロシア式分類
2014年7月1日時点
A
B
600.8 百万トン
C1
1003.3 百万トン
C2
473.7 百万トン
合計
2077.8 百万トン
資源のJORC式分類
2014年7月1日時点
Measured
1604.1 百万トン
Indicted
473.7 百万トン
合計
2077.8 百万トン
埋蔵量のJORC式分類
2014年7月1日時点
Proved
1 744.7 百万トン
Probable
503.5 百万トン
一般的な質問
info@elga.ru
トレーディング
sales@elga.ru
123317 ロシア連邦モスクワ市
ナベレジナヤ・プレスネンスカヤ
6番地2棟21階IA号室
電話:8 495 989 70 75