企業情報

会社のあゆみ

1961—1962
南ヤクート合同探検隊(YYKE)が地域の中心部で石炭調査を実施、
その結果としてウンディトカン川、ウキキト川、エルガ川の分水嶺で白亜紀にある独立した地層の産地から厚さ22メートルの炭層を発見。また、その地層から南にある中心的な石灰岩の地層から3.5メートル以上の炭層を発見。
1961—1966
エルガ炭田の北西部で更なる調査を実施。
今日における EUKの開発と 採掘:1966年  ソ連石炭産業省が ヤクートにトラスト「ヤクートウーゴリ」(ヤクート石炭)を設置する省令を発令。
1968
YYKEは石炭の種類と埋蔵量を調査。
厚さ70センチ以上の炭層に埋蔵される資源が200億トンに達すると算出。加えて、エルガ地区の炭層に埋蔵される石炭は厚さ2メートル以上、埋蔵量は26億トンに達すると算出。
1981—1982
YYKEは調査を継続し、大量の炭層を発見。
1981—1984
白亜紀とジュラ紀後期の地層にある炭層の規模調査を目的とし、気孔の掘削と鉱山作業を含む追加調査を実施。
これらの作業でエルガ炭田の北西部、および南東部の調査を行った。
1984—1986
北西部の地点で調査、および評価作業が実施された。
これにより、シベリア鉱山研究所(炭鉱設計)が1989年に採算性調査の規格を考案。
2000
運輸通信省が鉄道「エルガ-ウラク線」の建設を開始
2002
国営統一企業「ヤクートウーゴリ」が公共株式会社(PJSC)に再編、政府が株式を100%所有
2005—2007
ホールディングス企業「ヤクートウーゴリPJSC」の株式を全てメチェル・グループが取得
エルガ露天掘使用の権利を取得
2011
エルガ露天掘での採掘を開始
2012
選鉱工場の稼働開始
2020
(有)Aプロパティがエルガ石炭複合施設株式を51%取得し、資産拡大を実現
一般的な質問
info@elga.ru
トレーディング
sales@elga.ru
123317 ロシア連邦モスクワ市
ナベレジナヤ・プレスネンスカヤ
6番地2棟21階IA号室
電話:8 495 989 70 75